HOME>進行中プロジェクト>東北工業大学共同プロジェクト
東北工業大学共同プロジェクト スマートフォンアプリ
アンデックスと東北工業大学堀江研究室の共同プロジェクトを行っています。
ワークショップの様子や、プロジェクトの進度などを更新していきます。


*iOS7以上でお試しください(2014年7月現在)

ワークショップ開催[2014/6/14]

▼目的
デフォルトマップ(「マプコミ」を使用する場合に最初に設定されるマップ)の写真撮影
完成した「マプコミ」を実際に使用し、不具合や問題点の把握
▼活動内容
アプリの改善のため、実際に「マプコミ」を使用して、その問題点や不具合の報告
▼スケジュール
10:30 集合&WS開始
16:30 WSの振り返り
17:30 解散

ワークショップ開催[2013/12/15]

▼目的
デフォルトマップ(「マプコミ」を使用する場合に最初に設定されるマップ)の作成
完成した「マプコミ」を実際に使用し、不具合や問題点の把握
▼活動内容
仙台市の観光スポットを5つに区分けし、グループごとに「マプコミ」でマップを作成
アプリのリリースの準備として、実際に「マプコミ」を使用して、その問題点や不具合の報告
▼スケジュール
9:00 ワークショップの説明と注意事項の確認
9:10 マップ作り開始
15:00 マップ作り終了・WSの振り返り
17:00 デフォルトマップの選別

ワークショップ開催[2013/6/26]

▼目的
スムーズにマップ制作ができるか検証
コミュニケーションがスムーズに行えるか検証
バグの確認・発見
▼活動内容
「マプコミ」でマップ作り/コミュニケーション
▼スケジュール
11:40 開始/アプリインストール
12:00 マップ作り開始
16:00 マップ公開/コメント
17:00 WSの振り返り
18:00 終了

定禅寺ジャズフェスティバル ワークショップ開催[2012/9/7〜8]

▼目的
イベントのためのマップを使ったコミュニケーションの検証。
また、バグの確認・発見。
▼活動内容
2日間に分けて活動を行った。
《1日目》
  1. 翌日のワークショップに向けてグループ分け。
《2日目》
  1. 「定禅寺ストリートジャズフェスティバルマップ」に沿って仙台市内を散策。
  2. マップのスポットにコメントし、参加者同士で交流。
▼スケジュール
《1日目》
13:00〜 翌日のワークショップの説明
13:30〜 アイスブレイク
15:00〜 マプコミメンバーによる打ち合わせ
〜16:00 終了
《2日目》
15:00~ ジャズフェスティバル会場にてワークショップ
〜18:00 ワークショップ終了



仙台七夕 ワークショップ開催[2012/8/7〜8]

▼目的
「七夕エンジョイマップ」に沿って仙台市内を散策し、 スポットにコメントすることによってコミュニケーションが発生するか検証する。
また、スムーズにマップ制作ができるか検証する。
▼活動内容
2日間に分けて活動を行った。
《1日目》
  1. アプリ内にプリセットしていた「七夕エンジョイマップ」に沿って仙台市内を散策。
  2. 「七夕エンジョイマップ」内のスポットにコメントを残し参加者同士が自由に交流。
《2日目》
  1. グループ毎に分かれて、各グループがテーマに合ったスポットの登録を行い、オリジナルマップを制作。
  2. 制作したオリジナルマップをサーバーにアップロード。
  3. グループ毎にオリジナルマップの内容を発表。
▼スケジュール
《1日目》
15:00~ 操作説明等
16:30~ 「七夕エンジョイマップ」を使用し仙台市外を散策
~19:00 ワークショップ終了
《2日目》
10:00~ グループ分け、オリジナルマップのテーマ決め等
11:00~ オリジナルマップ作り
13:30~ 制作したマップの紹介、活動の振り返り等
~15:30 ワークショップ終了



東北工業大学共同プロジェクト”マプコミ”のワークショップ開催[2012/1/18]

▼目的
『オリジナルのマップを作るのは楽しいか?』『マップ上にメッセージを書き込む事で、 コミュニケーションが発生するのか?』を検証する。
▼活動内容
今回は以下のような流れでワークショップを行った。
  1. グループ毎に分かれて、各グループがテーマに合ったスポットの登録を行い、オリジナルマップを制作。
  2. 制作したオリジナルマップをサーバーにアップロード。
  3. 他のグループが制作したマップをダウンロードし、実際にそのスポットを巡る。
それから、その間マップ上のメッセージ機能(フキダシ)でどの程度のコミュニケーションが交わせ、 やり取りがスムーズに行えるかの検証も行った。
▼スケジュール
10:30~12:00…今回のワークショップについての説明。
12:00~14:30…各グループでオリジナルのマップの制作。
14:30~15:30…他のグループの制作したオリジナルマップをダウンロードをして、実際にスポットを巡る。
15:30~17:00…リフレクション。(検証結果の報告など)

▼検証結果
今回は、オリジナルのマップの制作に要する時間が短かったという事もあり制作は大変だったようだが、実際には個人の好きなように制作出来るアプリに仕上がっているので、オリジナルのマップの制作には難点があまり見えなかったと言える。
しかし、フキダシに関しては”自分が書き込んだコメントと他のユーザーのコメントの区別がつかない”、”自分のコメントの返信に対して通知が無いから、返信に気づかない”などの声が多かったので、フキダシに関しては今後改善の処置が必要である事が分かった。



位置情報を利用した「おくりもの」ワークショップ開催[2011/8/29]

▼目的
今回のワークショップでは今年度に提案を行った「おくりもの(テディベア)」の検証。
▼活動内容
iPhone、Android でリリースされているグループチャットアプリ「LINE」を使用し、ワークショップ参加者が実際に街を歩きながら、「おくりもの」を置く、拾うを行い、検証を行った。
「おくりもの」を置く、拾うといった行動をLINE で参加者に行っていただき、その行動を基にサーバーの換わりとなる人(サーバーチーム)が、手動で全体の地図に反映をするという方法で検証を行う。
ワークショップ参加者には『「おくりもの」を使って友達を作る(親しくなる)』という目的を持ってワークショップを行った。



iPone App Work Shop開催[2010/12/22]

▼目的
人は興味や関心に対し、知識を得る方法としてコミュニケーションを行う。
また、関連のある場所へ足を運び、体感したいと感じるものである。
そこで、私たちは位置情報とコミュニケーションを結び付けることで対話のキッカケを作ることができると考えた。今回実施するワークショップにて、この仮説を検証
▼活動内容
  1. コミュニケーション
    移動中にアプリケーション上でコミュニケーションを行うことができるか検証する。 アプリケーションとして最終的には、偶然的なコミュニケーションをとることを目標とするが、今回は必然的なコミュニケーションが行えるかを検証。
  2. マッピング
    目的を持ってマッピングしてもらい、マッピングの楽しさを体験してもらう。 そのマッピングを元にリフレクション時に、対話のキッカケが生まれるかを検証。



共同プロジェクトキックオフ開催[2010/10/06]

今月より東北工業大学、堀江研究室との観光交流をテーマにしたスマートフォン、タブレットを活用したアプリ開発がスタート!
第一回目のミーティングが始まりました。
研究室から14名、当社からは5名 参加しております。